>

みんなが理解できる製品マニュアルを作成しよう!

マニュアルについて

この記事をシェアする

はじめを大事にしよう

まずは購入した顧客全員に必ず読んでもらいたいという企業からのメッセージを伝えることが大切です。例えば、「○○をご購入頂きありがとうございました!」と最初に感謝のあいさつを入れるいいですね。
次は目次を書いて、全体の構成がわかるようにしておきます。こうすることで、どこにあの説明があるのかとすぐ読めるようになります。

そしていよいよ使い方について記載していきます。
まずはタイトルを入れて、読んだユーザーが認識できるように書きましょう。次は何の説明か、何ができる機能かなどを書きます。そして多くの人が行うであろう基本の操作を手順化して説明します。最後に結果は必ず書きましょう。
ちなみに順に見ることで学習効果も期待できるようです。

図やイラストで分かりやすく

もしモノを組み立てたりする時、イラストが描かれていたら一番分かりやすいのではないのでしょうか。中には写真で説明している説明書もあるようですが、線画イラストは主に「イラストレーター」を使って作成します。そして描き方にもコツがあるようです。

例えば、説明したい部分と全体との位置関係が分かりやすくしたり、特に解説したい部分には線を太くしたり、色をつけたりすると目立ってやりやすくなると思います。あと平面図よりは立体的なイラストにした方が、ユーザーが理解しやすいと思うのでそれで表現するといいですね。


ちなみに、レイアウトに一貫性を持たせることでユーザーに読む負担を与えず、スムーズにコンテンツを認識してもらえるようになるのでこちらもオススメです。